通える古都を目指して プレイ日記①

じめじめする嫌な季節になりました。
この季節は髪が言うことを聞かないので困りますね。
 
と思えばもう梅雨明け。
最近の気候はどうなってるんでしょうか。
 
さて、今回から「通える古都を目指して」のプレイ日記を書いていきます。
失踪することにならないように頑張ります(前科一犯)
 
会社名は「奈桜電鉄株式会社」。
難易度は標準でやっていきます。
しばらくシナリオモードでプレイしていなかったので、リハビリも兼ねています。
まあ達人はやったことないんですけどね()
 
奈桜エリアに降り立ちました。
初回はこのマップを南北に貫く路線を敷設していきます。
 
ここはこのマップの中心である奈桜駅。
まずはここから改造していきましょう。
 
そんなわけでどーん!
奈桜駅は、2面3線に拡張され、車両基地も併設する大きな駅になりました。
 
さらに既存駅を改造していきましょう。
こちらは天麻駅。
 
どーんと大きくなりました。
この時代はまだ島式ホームが設置できないので、3面4線の駅となりました。
ここからマップ東側へ路線を敷設する予定なので、駅南側には平面交差を用意。
 
先ほども述べたように、南北を貫く路線を敷設しました。
これを「奈桜線」とします。
赤線部分が新規開業区間、青線部分が駅を新設した区間です。
 
マップ内最初の駅は備分駅。
「びぶん」と読みます。
f'(x)のことじゃないです、多分。
 
少し栄えた場所にあるのが赤部駅。
「せきぶ」とよみますが、インテグラルとは関係ありません、多分。
 
続いて京須駅。
「けいす」と読みますが、aとかbとかは関係ないです、きっと。
 
しばらく微積分関係の駅名が続きましたが、次の駅は吉田駅。
普通に「よしだ」と読みます。
 
先に紹介した奈桜駅を飛ばして、陽大寺の端に位置するのが南奈桜駅。
特に触れることはありません。
 
田んぼが一面に広がる中位置するのが花ヶ池駅。
駅の裏にある池が名前の由来です。
 
集落の中にあるのが笹木駅。
将来ここから支線を伸ばす予定なので、大きめの駅となっています。
 
続いて熊戸駅。
周りにはなにもないがあります。
 
奈桜天麻間最後の途中駅は砂院駅。
サインと読みます。
 
三角関数といえば加法定理が思い浮かびますが、みなさんはどんな覚え方をしたのでしょうか。
咲いたコスモス派、サチココバヤシ派をはじめとしてたくさんあります。
sin(α+β) = sinα cosβ + cosα sinβというやつです。
 
さて、最後に紹介するのは車庫併設駅の椎田駅
しいたと読みます。要はギリシャ文字ですね。
 
ここまで紹介したところで、今回の開発は終了。
次回はダイヤ設定からはじめて、新路線の敷設に取り掛かりましょう。
 
それではまた!

突然はじまるA列車モバイル版が出たので早速プレイしてみる

お久しぶりですね。
およそひと月ぶりの更新となります。
 
さて、2022年6月16日。
何の前触れもなく、「A列車で行こうはじまる観光計画」のモバイル版がリリースされました。
そういうわけなので、軽くいじってみた感じをレポートしていこうと思います.
 
f:id:hikicha_3125:20220616175811j:image
ダウンロードが済み、ホーム画面に現れました。
さすがに「A列車で行こうはじまる観光計画モバイル版」というのは長すぎたのか、公式略称である「はじまるA列車」という表記になっています。
 
今回の動作環境はiPhone11、iOS15.5。
要は私の普段使いのスマホです。

f:id:hikicha_3125:20220616175758p:image
アプリを開きました。
今回は、動作環境や操作の方法を見るため、30分無料お試しでやっていきます。
 
先に述べておきますが、ネット回線上で動作するアプリケーションのため、インターネット接続が遮断されるとこの画面に戻ってきます。
スリープモードにするだけでもこの画面に戻ってきますので、保存がとても重要みたいですね。

f:id:hikicha_3125:20220616175804p:image
さて、読み込みには少し時間がかかりますが、Switch版よりも軽い印象でした。
今回はとりあえずコンストラクションモードで様子を見ていきます。

f:id:hikicha_3125:20220616175652p:image
適当に線路を敷設しました。
起点や終点を指定するためには長押しが必要な模様。
スワイプでカメラの位置が変わります。
画面が小さい影響でしょうか、あまり思った通りに動いてくれません。
このゲームをプレイするなら、タブレット端末ないしは画面の大きなスマートフォンをおすすめします。

f:id:hikicha_3125:20220616175700p:image
続いて、はじまるA列車の醍醐味ともいえる車両開発を見ていきましょう。
Switch版やSteam版と同じく、初期の状態ではこれらの選択肢しかありません。
設定の拡張機能をオンにすることにより、いろいろと弄れるようになります。

f:id:hikicha_3125:20220616175712p:image
適当にライトやステッカーを配置してみました。
普段はコントローラーで操作しているので、画面を直接タッチして調整するのが難しい。
小さい画面での位置調整は至難の技です。

f:id:hikicha_3125:20220616175732p:image
ちょっとでも操作を誤るとこうなります。
どこ写してんねん。
 
とはいえ、慣れれば使いやすそうだなとは思いました。
慣れれば。

f:id:hikicha_3125:20220616175726p:image
さて、お次に紹介するのは運行計画。
こちらも拡張機能をオンにすることにより、回送設定をはじめとして、さまざまなことができるようになります。
路線を適当に敷いたもので、運行計画がシンプルすぎますが、Switch版やSteam版と変わらず設定ができるはずです。
 
f:id:hikicha_3125:20220616175740p:image
続いて車窓。
UIを消す術がわかりませんでしたが、どうやら指三本タップでできる模様。
グラフィックはSwitch版に劣りませんね。

f:id:hikicha_3125:20220616175753p:image
外から見てみるとこんな感じ。
影の表現もいい感じです。

f:id:hikicha_3125:20220616175706p:image
このモバイル版は、Steam版が基本となっているので、Steam版にしかない競馬場やヴィラなどの子会社が建てられます。
Steam版を持っていないので、実際に見るのは初めてですが、なかなかの再現度ですね。
まだ競馬はできないので、通学途中に眺めるくらいしかしていないんですけどね()
 
さて、こんな感じで突然リリースされたはじまるA列車のモバイル版をプレイしてみました。
Switch版と比べると、読み込みが早く、ストレスのないプレイができました。
反面、先ほども述べたように操作性の悪さが目立ちます。
指だけで操作するので仕方ないのでしょうかね……。
また、先に述べたように、このゲームはネット回線上で動作するので、スマホをスリープモードにしたり、回線の悪いところに行ったりすると、落ちます。
 
大きい画面のデバイスだったり、マウス・コントローラーを使えるデバイスだとさらに楽しめると感じました。
 
30分の無料プレイをぱぱーとしただけなので、あまり深堀りはしていませんが、出先でプレイできるのは大きいですね。
わざわざゲーム機を持ち歩かなくていいのはいいところだと感じました。
 
それではまた!

多忙につき……

6月といえば梅雨の時期です。
湿気が高いと髪の毛がわがままになるので嫌ですね。
 
さて、近況報告なのですが、想像以上の多忙につき記事が書けておりません。
この時期になると忙しくなるんですよね、えぇ。
 
まあそういうわけで、次回の更新がいつになるのかはわからないですが、ぜひとも首を長くしてお待ちいただければと思います。
 
それではまた!

夢咲地方を紹介するよ。#11

例のワクチンの3回目を打ちました。
私は副作用全然なかったタイプですが、友人が苦しんでいましたね。
ほんとに副作用は人それぞれなようです。
 
現在の総人口は452106人。
#9の通り、新マップの開発に乗り出しました。
紹介は次回しようと思います()
 
さて、今回からは新路線の紹介に入ります。
夢急朝日線は、サテライトの赤線で表現している路線です。
夢咲駅から朝日マップを経由して、その先へと向かいますが、縛りの都合で全線開通はしていません。
 
24.夢急の主要幹線④
路線図を用意しました。
夢急朝日線には4つの種別があります。
そのうちの最速達種別、特急は地下鉄との接続駅である楠川駅を超えると朝日南口駅まで止まりません。
とにかく速達性を重視した種別なわけですね。

今回も登場、夢咲駅(ゆめさき-)からの紹介です。
朝日線は南側、画像で言うと右上の1面2線を使用します。
だいたい半分が途中の楠川駅から地下鉄に直通するので、大規模にする必要がなかったんですね。
特急と急行、半数の各駅停車がここから発着します。
特急は6n時ちょうど(nは0≦n≦3を満たす自然数)、急行は6n+3時ちょうどに発車するわかりやすいダイヤを目指しています。
相変わらずダイヤは組めていません。
 
数学が好きな文系学生なので、この書き方をする方がわかりやすいんですよね()
夢咲駅を出ると、列車は南に進路を取り、仙ヶ浜駅(せんがはま-)に到着します。
かつてはこの先で渡る楠川がこの辺りを流れており、その川沿いにいくつも浜があったことが駅名の由来。
千ヶ浜→仙ヶ浜と変化したことになっています。
 
その楠川を渡る手前にあるのが東雲駅(しののめ-)。
駅の北側、画像の右上で上を跨いでいるのは都市高速の環状線です。
駅名は東の空が澄んで見えたことから。
かつてはこのあたりまで海が迫っていたわけです。
 
楠川を越えた先にあるのが、地下鉄と合流する特急停車駅の楠川駅(くすかわ-)。
2面4線の駅ですが、外側のホームは地下鉄発着の列車が使用します。
駅前は副都心として開発が進んでいます。
駅北側を流れる川が駅名の由来。
 
そんな楠川副都心のはずれにあるのが夢咲マップ最後の西楠川駅(にしくすかわ-)。
特に触れることのないmob駅がやってきました。
駅の周りには住宅街が広がっています。
駅名は楠川地区の西側に位置することが由来。
 
朝日マップに入って1駅目が禁川駅(とどかわ)。
「禁」という漢字を使う地名には難読なものが多いような気がします。
駅南側を流れる川の水音が高いことが駅名の由来。
多分「パシャパシャキャッキャ」みたいな音を出しながら流れているのでしょう、知らんけど。
 
次の駅は御醐師前駅(ごごしまえ-)。
かつて御醐師と呼ばれた人を祀っている寺が駅名の由来です。
ところで、私の高校の受験番号は554番でしたね。
関係はありませんが。
 
夢急朝日線初めての待避可能駅である上相田駅(かみあいだ-)。
1日を通して優等列車が各駅停車を追い抜きます。
駅名は、大成した芸術家の名前から。
駅の近くにはそれを記念した相田芸術大学があります。
 
続く下相田駅(しもあいだ-)。
こちらは全く開発が進んでいません。
駅名の由来は上相田駅と同じ。
 
川を渡って桜谷駅(さくらだに-)。
駅前には住宅街が広がっています。
地名は手前で渡った川の別名から。
川のそばに桜がたくさん生えていることから、桜谷と呼ばれています。
画像を撮影したのはゲーム内夏なので、まったく桜要素がありません。
 
今回最後に紹介するのは急行停車駅の府南駅(ふなみ-)。
駅名は夢咲中心部の南側に位置することから。
路線図にはまだ反映していませんが、この駅からは仙前線が分岐します。
次回はこの路線の紹介からはじまるかな〜と言ったところ。
 
25.#11のまとめ
さて、今回は夢急朝日線の北半分を紹介しました。
割と手を入れて開発した区域なので、紹介しがいがあります。
夢咲の区分け紹介すると言って結局やってませんね……。
近いうちにやると思います、多分。
 
それではまた!

夢咲地方を紹介するよ。#10

近頃は朝と昼の温度差が激しいですね。
最低気温10°C前半、最高気温20°C後半なんてよくあることです。
非常に困りますね!!
 
さて今回は「夢咲地方を紹介するよ。」の#10をお届け。
早くも#10の大台に乗りましたが、もっと増えると思います。
 
前回に引き続いて夢急泉本線の紹介を。
今回は残る区間の紹介をしていきます。
いままでの記事は、カテゴリーにまとめてあるのでお暇があればぜひどうぞ。
 
22.夢急の主要幹線③

路線図を用意しました。
前回と比べて、竹沢駅からの支線が伸びています。
泉本線は既に全線開通しているので、これ以上延伸する余地がないわけですね。
この支線も、順に紹介していくつもりです。
 
早速紹介へ。
こちらは金木駅(かねき-)。
金色の木が生えていたとする伝承が由来です。
まるでどうぶつの森みたいな世界観ですが、架空なのでなんでもありです。
 
次は矢原駅(やはら-)。
川の近くにあるので、湿原だったことが由来。
この規模ですが、広場が駅前に整備されています。
 
続いて貝田駅(かいた-)。
駅名は、かつて両替所があったことから来ているといわれています。
ここから南の地方で貝が通貨として使われていた時代があったので、中心部で使われる金と交換できる施設が必要だったわけですね。
 
2本の支線が分岐するのが竹沢駅(たけざわ-)。
片方は山を越えて、先日紹介したDARの十日市駅へ、もう片方は名称未定の港へ向かいます。
由来をつけるという縛りのせいで命名がなかなか進まないんですよね……。
この駅には全列車が停車します。
また、準急の運行はこの駅までであり、この駅からは急行が各駅に停車します。
 
次に紹介するのが平下駅(たいのした-)。
駅名の由来は平の下にあること。
そのままです。
 
平というのは、夢咲地方特有の呼び名で、台地や盆地のことを指します。
久しぶりに出てきた用語なので、一応紹介をば。
 
続いて千田駅(せんだ-)。
たくさんの田んぼがあったことが駅名の由来です。
特に紹介することもないmob駅です。
 
こちらは広見駅(ひろみ-)。
駅名の由来は、市場に使えるくらいの広場があったこと。
その名残として、駅の近くには市場があります。
 
川を渡って、夢急泉本線最後の途中駅となる北富野駅(きたとみの-)。
駅のまわりはまったく発展していませんが、DARの富野新町駅があります。
 
最後に紹介するのが、富野駅(とみの-)。
夢急は高架の2面3線に発着します。
地上にあるのはDARの富野駅です。
駅前は地方都市のように開発したいのですが、いかんせん地方都市の知識がなさすぎるので現地取材をしてきます。
 
さて、本来であればここでダイヤ紹介をするところなのですが、相変わらずダイヤが組めていないので紹介するものがありません()
ご容赦()
 
23.#10のまとめ
今回で夢急泉本線の紹介が終わりました。
ここまでで紹介したのが
・DAR夢咲環状線(#2~#3)
・DAR若島線(#2)
・DAR朝海本線(#4~#7)
・夢急泉本線(#8~#10)
の4路線。
まだまだ紹介する路線はたくさんあります。
 
旅行系の記事のストックがなくなったので、しばらくこのシリーズの更新が続きます。
悪しからず。
 
それではまた!

望月の下、街を縫う。 第3回

もう陽炎が立つようになりました。
長袖愛好家としては厳しい季節です。
 
今回は「望月の下、街を縫う」の第3回をお届け。
このシリーズ、もう最終回です。
基本的に旅レポと我が街紹介が交互になるよう更新しているのですが、いかんせん旅に出る時間がなさすぎるものなので、しばらく我が街紹介が連続するかもしれません。
夢咲紹介強化週間によってただでさえ我が街紹介が連続しているのに、さらに連続することになりそうです()
 
f:id:hikicha_3125:20220507000512j:image
さて、前回は久宝寺駅まで行きました。
今回は今宮戎神社へ向かいます。
そんなわけで、大和路快速に乗って市内に戻ります。

f:id:hikicha_3125:20220507000458j:image
新今宮駅に着きました。
ここからしばらく歩くこととしましょう。

f:id:hikicha_3125:20220507000527j:image
ちょっと歩くと、ライトアップされた通天閣が見えました。
少し前までは赤色や黄色に染まっていましたが、どうやら普通のそれに戻されたみたい。
吹田市万博記念公園にある太陽の塔にも同様のライトアップがなされて話題になりましたね。
 
通天閣の頂上には、天気予報が出るようですね。
この写真の場合、頂上が白色なので、翌日は晴れ、みたいな感じ。
大阪では雪がほとんど観測されないため、雪を示すピンクはレアなものとされているそうです。

f:id:hikicha_3125:20220507000530j:image
阪堺電車恵美須町駅につきました。
工事が行われ、規模が大幅に縮小されたことが記憶に新しいですね。
 
f:id:hikicha_3125:20220508152729j:image
旧ブログに古い画像があったので持ってきました。
この画像を添付している記事を書いたのが2016年なので、6年ほど前のものだと思われます。
当時は3面2線の大きな駅でした。
かつて南海平野線の発着も行われていたので規模が大きかったわけです。
 
しかし、南海平野線は大阪市営地下鉄(現OsakaMetro)谷町線阪神高速松原線に後を任せて廃止されてしまいました。
これが1980年の出来事。
そこから数十年が経過したわけですが、コロナ禍による利用客の減少や、それに伴う運行本数の削減に伴って規模が縮小されました。
大きな駅は余剰だったわけですね。

f:id:hikicha_3125:20220507000509j:image
目的地に着きました。
えべっさんでお馴染み、今宮戎神社です。
しかし時間が悪く門が閉まっていました……。
明るい時間にまた来てみようと思います。

f:id:hikicha_3125:20220507000507j:image
わざわざ新今宮駅に戻るのもアレなので、さらに歩きます。
道中にあるアニメイトをパシャリ。
この時間になるとさすがに開いていません。

f:id:hikicha_3125:20220507000504j:image
新今宮駅からおよそ2km、JR難波駅に着きました。
JR難波駅といえば、繁華街のはずれにあることで知られていますね。
元は湊町という駅でしたが、関西国際空港の開港に伴って1994年に改称されました。
翌々年には地下化が行われ、JR西日本としては初となる地下駅になりました。

f:id:hikicha_3125:20220507000453j:image
関空快速の回送列車が停まっていたのでパシャリ。
ウグイス色の201系とJR難波駅の共演も、置き換えに伴ってそろそろ見納めとなりそうです。
 
数年前のダイヤ改正で昼間の高田行き快速が廃止されたことにより、日中この駅には普通電車しか来なくなりました。
このダイヤ改正が2020年のことなので、コロナのせいではなく、新型車両227系導入に伴うものだと思います。
この時から、万葉まほろば線和歌山線に新型車両が導入され、運用につきました。
 
かつては高田行きの快速が和歌山線普通列車としての役割を果たしていましたが、代わりに新型車両が和歌山線普通列車の運用につきました。
おそらくこれに伴って高田行き快速は廃止されたのでしょう。

f:id:hikicha_3125:20220507000455j:image
普通列車で1駅、今宮駅に着きました。
今宮駅は快速が停まらないので、大和路線大阪環状線を乗り継ぐには不便ですね……。
この度の途中ではないですが、身を待って体感しました。

f:id:hikicha_3125:20220507000525j:image
ここからは環状線に乗って、大阪駅を目指します。
やってきたのは323系
環状線に残っていた国鉄型車両を全て置き換えた車両です。
この車両の導入で環状線の1両あたりのドア数が統一され、ホームドアの設置が進みました。

f:id:hikicha_3125:20220507000515j:image
外は暗く、写真には何も写りませんでした。
そんなわけで大阪駅に到着。
この駅でさらに乗り換えをします。

f:id:hikicha_3125:20220507000517j:image
ここから乗るのは丹波路快速福知山行き。
この時間から福知山や天橋立に行こうと思っているわけではないです。
目的地へ向かう列車がちょうど停まっていました。

f:id:hikicha_3125:20220507000501j:image
その目的地というのは、3色の駅名標が特徴的な尼崎駅。
この駅でJR東西線が合流し、この駅から福知山線、いわゆるJR宝塚線が分岐します。
奥のピンクがJR東西線学研都市線のラインカラー、真ん中の青がJR神戸線のラインカラー、手前の黄色がJR宝塚線のラインカラーです。

f:id:hikicha_3125:20220507000520j:image
さらに乗り換えて、放出駅に戻ります。
やってきたのは区間快速の奈良行き。
ほとんど運転されないレア列車のひとつです。
ここからは、放出駅へ向い、家に帰りました。
 
編集後記
さて、しばらくに渡ってお送りしました「望月の下、街を縫う」いかがでしたでしょうか。
そろそろ長編企画もやりたいですね。
 
先の通り、これでブログネタを使い果たしたので、しばらくは我が街紹介が続くと思います。
どうぞよしなに。
 
それではまた!

夢咲地方を紹介するよ。#9

毎日更新をしていると、だんだん更新が追い付かなくなってきます。
この部分を書いてるのはなんと記事更新の30分前。
書き溜めの消費ができたのはいい点ですが、結果的に締め切りに追われる人になってしまいました。
 
夢咲紹介強化週間最終日となる今回も夢急泉本線の紹介です。
サテライトも変わったところはありません。
スクショして切り抜いて合成しているので、更新に結構な手間がかかるんですよねこれが……。
 
20.夢急の主要幹線②
そんなわけで、サテライトにはまだ反映していませんが、富瑞駅から分岐する大浜線を延伸しました。
竹沢駅(たけさわ-)から伸びる支線に直通し、竹沢駅までを結ぶ予定です。
訳:相変わらずダイヤが組めていません
 
早速紹介へ。
最初に紹介するのは山本市場駅(やまもとしじょう-)。
駅前にある市場が駅名の由来。
地名は、山のふもとに位置することから。
 
続いて春日公園駅(はるひこうえん-)。
駅名の由来となったのは、駅前すぐに位置する春日動物園。
東から日が差し込んだことが春日の由来です。
「かすが」じゃないです、「はるひ」です。
涼宮でもないです。
 
花急と乗り換えができるのがこちらの岩倉駅(いわくら-)。
この辺りから、泉本の中心街に入ります。
そのため、駅前にはタワーマンションや高層ビルが立ち並んでいます。
 
2度目の紹介となる泉本駅(いずみもと-)。
夢急の駅は3面6線で、ここからも支線が分岐する予定です(まだ敷設してない)。
準急はこの駅から各駅に停まります。
 
白泉マップ最後の駅が南泉本駅(みなみいずみもと-)。
駅名は自明ですが、泉本駅の南に位置することから。
今のところは特徴のないmob駅です。
 
海陽マップに入りまして、花添駅(はなぞえ-)。
特に触れることのないmob駅その2です。
駅名の由来は、ある著名人が亡くなったときに花を添えたことです。
まだ設定は煮詰まっていません()
 
続いて急行停車駅の宮道駅(みやみち-)。
各駅停車には、泉本駅で折り返すものとこの駅で折り返すものを交互に設定する予定です。
あくまで予定なので、変更になる可能性もあります。
 
駅名の由来は神社へ続く道ですが、相変わらず神社の「じ」の字もありません。
路線延伸が落ち着いたので、次は都市開発ですね……。
 
車庫の隣を走り抜けて、こちらは更池駅(さらいけ-)。
左上にある池が駅名の由来ですが、こちらは皿池。
血池との読み間違いを防ぐために、更池となりました。
 
血池との誤読を恐れた例としては、OsakaMetroの岸里駅があります。
しかし、あちらはもっと広い地域の名前にすることがメインで、誤読を恐れたのはあくまでひとつの理由とのこと。
出典:『大阪市地下鉄のあゆみ』
 
高架になりまして、海電と接続するのが武原駅(たけはら-)。
竹の群生地だったことが駅名の由来。
駅前にはマンションと住宅が広がっています。
 
山を越えて、こちらは急行停車駅の高岡駅(たかおか-)。
駅名の由来は、高い場所に位置すること。
当たり前ではありますが、夢咲マップでは、山に近づくにつれ標高が上がるようになっています。
駅の西側にはデパートやオフィスビルがあり、東側には住宅街が広がっています。
 
A列車で行こう3D時代はマップ回転が遅かったので、右上に北が来るようにゲームをプレイしていましたが、その癖がいまだに抜けず、紹介する時も基本はそうなっています。
別の角度から紹介するときはその都度特筆しています。
 
21.#9のまとめ
ここまで7日間に渡った夢咲紹介強化週間、なんとかやりきることができました。
前書きにもありますが、もともと書き溜めを消費する目的だったのに、最終的に締め切りに追われる文豪みたいになってしまいました。
これからは、毎月1日および5の倍数の日(30日は除く)の更新に戻ります。
 
次回以降紹介する予定ですが、総人口が40万人を超えたので、新たなマップの開発をはじめました。
近いうちに夢急の名称未定の路線も名前が決まる予定です。
 
それではまた!